播磨広域連携協議会

播磨広域連携協議会 > コラム・連載 > はりま風土記紀行

はりま風土記紀行

古の播磨を訪ねて~西脇市編 その3

古の播磨を訪ねて~西脇市編 その3

黒田の里

播磨国風土記には「土が黒いので里の名としました。

袁布(をふ)山というのは、昔、宗形(むなかた)の大神の奥津島比売命(おきつしまひめのみこと:福岡県宗像郡の宗像神社に鎮座する三女神の中の一神)が、伊和大神の子を身籠って、この山にやって来ておっしゃいました。『私が子を産むときになったので、をふ(やりとげます)』、そこでヲフ山といいます。 支閇(きへ)というのは、宗形の大神が『私が子を産む月が尽ぬ(きへぬ:やってきた)』とおっしゃいました。そこで、キヘ丘といいます。」とあります。

今回は梅雨のさ中に西脇市黒田庄町を訪ねました。今までもそうですが、今回も地元の方々に色々とお教えいただきました。感謝・感謝です。先ず「オフ山」ですが、この山は、現在黒田庄町黒田の小字ワカオイ(エ)ノ谷の南西の方向にある小高い山で、「前山(マエヤマ)」と呼ばれている山が比定地とされているようです。次に、「支閇丘」は、黒田庄町田高(タコウ)と丹波市山南町井原との境にある「イタリ山」がそれと考えられているようです。ただ、少し淋しかったことは、「ヲフ・キヘ」という播磨国風土記に記載されている名称が、そのままではどこにも、何にも残っていなかったことです。残念!!

 

途中で黒田庄町岡372-2に鎮座しています式内社「兵主神社」を訪ねました。地元では「ひょうすさん」と呼ばれて、氏子の皆さんに親しまれています。このお社は羽柴秀吉が三木城の別所長治攻略の際、軍師黒田官兵衛が戦勝祈願に訪れたもので、その時の奉納金で改築された拝殿は、茅葺入母屋造の長床式で非常にどっしりとしていて、まさに重層観あふれたものです。現在は兵庫県の重要文化財に指定されています。

ご案内いただいた皆さんもそうでしたが、西脇市をあげて「軍師官兵衛」には非常に力を入れておられ、街中をはじめ、田植えをしている横にも「官兵衛の里・西脇市」と書いてある幟があげてあり、「黒田官兵衛生誕地」の石碑も建立されていました。また、地元に古くから伝わる「荘厳寺本黒田家略系図」には、官兵衛は8代城主・重隆の次男としてこの地で誕生したことが記してあるそうです。通説とは異なる話が、この黒田庄黒田には残っていますが、どちらが正しいとかというのではなく、「播磨国風土記」同様に「黒田官兵衛」によってこの播磨を全国に発信できればと思いました。

〔託賀(たか)の郡 黒田の里〕
兵主神社の地図はこちら↓
http://www.its-mo.com/map/top_z/126078615_485988176_16//...,,,

古の播磨を訪ねて~加東市編 その3

古の播磨を訪ねて~加東市編 その3

小目野(をめの)

播磨国風土記には、「応神天皇が国内を巡行なさったとき、この野に宿をおとりになり、四方をご覧になって、おっしゃいました。『あそこに見えるのは、海か川か』と。お供の人が『これは霧です』と答えました。そのとき天皇は、『大雑把な土地の様子は見えるけれども、小目はない(細部はよく見えない)なあ』とおっしゃいました。そこで、小目野という名がつきました。また、この野にちなんだ歌をお詠みなりました。

うつくしき(かわいらしい) 小目の笹葉に あられ降り
霜降るとも な枯れそね(枯れるなよ) 小目の笹葉
このとき、お供の人が井戸を掘りました。そこで、ササの御井といいます。」とあります。

今回は、梅雨の雲が低く垂れこめていた6月の初めに、加東市野村を訪ねました。この野村地区の南部の加古川沿いには、播磨国風土記の「小目野」の比定地とされている「小部野(おべの)」という地区があります。この「小部野」は、播磨国風土記の「オメノ」が「オベノ」と訛ったものと考えられています。辺りは、静かな田園地帯で、当日は丁度田植えの準備の真っ最中でした。

     

現在この野村地区は、北播磨第一の大社と言われている式内社「佐保神社」の氏子になります。このお社の御本殿は、銅板葺三間社流造正面千鳥破風で、その手前の幣殿・拝殿・瑞神門にはそれぞれ意匠を凝らした彫刻が施されています。中世においては、源頼朝の妻・北条政子の庇護厚く、政子によって建立された西の内鳥居が残っているところが、村名になりました。現在の「鳥居地区」がそれです。そもそも、社町という町名は、この「佐保神社」の門前町として発展してきたことに由来すると一般的には言われています。その氏子は旧社町・旧滝野町・旧小野市の25ケ村からなりたっており、氏子の村数では、県下でも一・二位になるのではないかと思われ、その中の一つに、風土記の時代から連綿と続いている「小部野」があるのです。

     

空模様があやしくなり始めたので帰路につきましたが、国道372号線を走りながら見る代掻きの済んだ田園地帯は、満々と水をたたえたため池のようでした。秋には、たわわに実った稲穂が頭を垂れている様子を思い描きながら車を走らせました。

佐保神社の地図はこちら↓
http://maps.loco.yahoo.co.jp/maps...
(賀毛の郡 穂積の里)

古の播磨を訪ねて~上郡町編 その2

古の播磨を訪ねて~上郡町編 その2

高田駅家(たかたのうまや)

今回は春分の日に、上郡町神明寺(じんみょうじ)の高田駅家跡を訪ねました。上郡町も前回の赤穂市同様に播磨国風土記には記載がありませんので、風土記を少し離れた紀行文になります。

古代山陽道は、7世紀末から8世紀初めの律令国家制度確立期に駅家制が整えられ、9世紀頃には衰退傾向で、10世紀あたりまでは機能していたと考えられています。30里(現在の約16㎞)間隔で駅家が置かれ、大路の駅家には通常駅馬が20疋常備され、外国からの賓客等に備えて瓦葺の立派な宿泊施設が整備されていたようです。

高田駅家は「延喜式」巻二十八兵部省諸国駅伝馬の条に、山陽道の播磨国九駅の一つとして、東の布勢(ふせ)駅家と西の野磨(やま)駅家の間に記載されています。現在、この高田駅家跡は、上郡町神明寺79の「福峯山願栄寺」付近ではないかと考えられています。土地の古老に聞きますと、「この辺りは古代瓦が出土しており、小字として『前田(まえだ)』という地名も残っている。この『前田』は、『駅田(まきだ)』がなまったもの。」ということでした。

 

当日は、一瞬通り雨やアラレが降ったりと変な天気でしたが、田の畔には土筆が芽を出しはじめ、晴れ間にはあちらこちらでヒバリが空高くさえずり、久しぶりに牧歌的な雰囲気に浸ることができ、心癒された上郡探訪でした。

願栄寺の地図はこちら↓http://maps.loco.yahoo.co.jp/maps...

古の播磨を訪ねて~稲美町編 その2

古の播磨を訪ねて~稲美町編 その2
望理(まがり)の里
 播磨国風土記には、「景行天皇が、土地の繁栄を祈って国の様子を見て回る巡行の旅に出られたとき、この村の川の曲がっているのを見て、『この川の曲がり具合は、とても美しいなあ』とおっしゃいました。そこで、マガリといいます。」とあります。
 今回は、稲美町を訪ねました。播磨国風土記に記載されている「マガリ」という地名が、ハッキリと残っているところは、現在は無いようです。ただ、JR加古川線の神野(かんの)駅西辺りの加古川(一説に加古川の支流の草谷川)の曲がり具合を景行天皇が称賛したものではないかと言われています。従って、「望理の里」は現在のJR神野駅西辺りから東の稲美町にかけての地域をそう呼んでいたものと考えられています。
 その後時代は下って、明治8年(1875)には推明小学校・成章小学校・弘道小学校を併せて「母里(もり)小学校」と改称し、明治22年(1889)には印南新村や野寺村等6ケ村が合併して「母里村」ができました。この「もり」は播磨国風土記の「望理の里」に由来すると言われています。それは、「望理」を「ぼうり」と発音し、「ぼうり」→「ぼり」→「もり」となまっていったと一般には考えられているようです。そして、明治28年(1895)には「母里村立尋常小学校」が設置され、昭和30年(1955)に母里村・加古村・天満村が合併して、稲美町が発足した後も、「母里小学校」の名前は残り、現在も加古郡稲美町野寺88-1には「稲美町立母里小学校」が存続しています。
 この母里小学校の例のように、播磨国風土記に出てくる地名の読みとは違った読み方で現在に残っているのも珍しく、今後未来永劫にこの母里小学校が続くことを願った次第です。
(出雲国風土記の母理《文理》郷や母里太兵衛との関係も色々調べましたがハッキリしない部分が多いので、今回は割愛しました。)
母里小学校の地図はこちら
(賀古の郡 望理の里)

古の播磨を訪ねて~加東市編 その2

古の播磨を訪ねて~加東市編 その2
朝光寺

穂積の里

播磨国風土記には、「元の名は塩野です。塩野という名がついたのは、塩分のある泉が、この村にでます。そこで塩野といいました。今、穂積という名がついているのは、穂積臣(ほづみのおみ)らの一族が、この村に住んでいます。そこで、穂積となづけました。」とあります。

1月13日(月)の成人の日に加東市を訪ねました。現在、中国自動車道の滝野インターから西側の地域で、北と西を加古川で、南を千鳥川で囲まれた一帯が加東市穂積です。当日は古代名の残っている穂積地区集落センターを目指しましたが、新年恒例の地区集会を開催していました。穂積一帯はやや開けかけた静かな農村という感じでした。続いていかにも鎮守の森という感じの氏神様「穂積八幡神社」にお参りをしましたが、「穂積」という風土記に記載されている古名は、この二つしか発見できませんでした。しかし、穂積氏がこの地を治めたということですが、「稲穂」を積み上げるということで、田園地帯を見ながら、古代においては、きっと稲穂がいっぱい垂れた豊かな地であったであろうと、思いを馳せました。

播磨国風土記に元々「塩野」と呼ばれていたとあるように、この「穂積」からはかなり東の方の、加東市下久米には「塩ツボ」と呼ばれている塩分を含んだ「鹿野冷泉」がありました。囲いの中を覗くと、ところどころ落ち葉のある澄んだ水の中を、時々泡が「ポコポコ」上がっていました。地元のお年寄りの話によりますと、病気の時にはこの冷泉を汲んで帰って、お風呂に使ったりしたそうです。

せっかく加東市まで来たので、社町畑609の国宝の「朝光寺」に参拝しました。「朝光寺」に近づくにしたがって、あちらこちらで、「時速30㎞厳守」と書いた看板を持った人を何人も見かけました。車はほとんど走っていませんでしたが、思わずメーターを見、30㎞まで落としました。寒風吹きすさむ中でのことでしたので、ボランティア?の皆さんに頭の下がる思いがしました。

境内には祝日にもかかわらず誰もいず、山門の仁王さんに睨まれたせいもあってか、ピリッとした空気が張りつめているような感じを受けました。国宝の本堂は本瓦葺きで、流石堂々たるもので、麓の「つくばねの滝」も落差6mですが、なかなか迫力があり、有意義な加東市巡りができました。
(賀毛の郡 穂積の里)

朝光寺の地図はこちら http://www.kita-harima.jp/modules/xdirectory/singlelink.php?lid=171

古の播磨を訪ねて~福崎町編 その2

古の播磨を訪ねて~福崎町編  その2
金剛城寺

奈具佐山(なぐさやま)

 播磨国風土記には、「奈具佐山 檜が生えています。地名の由来はわかりません。」とだけ記載してあります。福崎町田口には「七種(なぐさ)の滝」で有名な「七種山」があり、この山が「奈具佐山」に比定されています。

今回は1月5日のまだお屠蘇気分も抜けない日曜日に福崎町を訪ねました。風土記には、上記のように簡単に記述してあります。それは別として、先ずこの「ナグサ」という古代名が今に残っている場所の確認です。播但自動車道の福崎北ランプで下りて、福崎小学校の南に出ました。小学校の西には、七種川が流れており、そこに掛かる橋は「七種橋」と呼ばれています。この二つの発見で先ず嬉しくなりました。この橋の東詰を右折して播但線に突き当たる少し手前の所では、幸いにもこの「七種」を使ったハイツも発見しました。その後、福崎駅の南から県道406号線を走って高岡小学校の横を通り、旧金剛城寺(作門寺)の山門も通過し、狭く険しく急峻な山道を七種川沿いにゆっくり車を走らせて、「七種神社」の鳥居前で車を降りました。ここからは歩きで「七種の滝」を目指しました。鳥居前で一礼して太鼓橋を渡ると、すぐ「虹ケ滝」が見え、その後、かなり険しく、その上、落ち葉が積もっているところを登って行くので、何度も足を取られそうになりましたが、何とか「七種の滝」に辿り着くことができました。

 すぐそばの「七種神社」の境内から見る瀑布は、晴天続きで水量が少ないため、落差72mの岸壁を落下する豪快な迫力には、やや欠けるものでした。しかし、それがかえって、いかにも、神様がおわしますような感じを受け、なんとなくありがたい気持ちになりました。この「七種神社」の側を通り過ぎて、「七種山」の頂上を目指しましたが、山道を歩くというより、登山、いやロッククライミングというような険しい道でしたので、やむなく断念し、頂上を極めることなく下山しました。次回に再度挑戦します。     

帰宅途中に、福崎町田口236番地の新西国第30番霊場、播磨西国第12番霊場・札所の高野山真言宗七種山「金剛城寺」に立ち寄りました。立派な仁王門・本堂・護摩堂その他、大伽藍整然とした浄刹でした。このような田舎(失礼します)でのこんな立派な名刹の発見で、またまた心洗われて、帰路に着きました。

(神前の郡 高岡の里)

金剛城寺の地図はこちら

古の播磨を訪ねて~市川町編 その2

古の播磨を訪ねて~市川町編 その2
笠形神社

波自賀(はじか)の村

 このシリーズ第5回目の神河町編「堲岡(はにおか)の里」のときに、大汝命(おおなむちのみこと)と小比古尼命(すくなひこねのみこと)の我慢比べの話を取り上げました。その播磨国風土記には「大汝命が大便をなさったとき、笹がその便をハジキ上げて、大汝命の着物につきました。そこで、波自賀の村という名が付きました。」とあります。

今回は平成25年11月下旬のまさに秋晴れの日に、市川町出身・30歳高校理科・現役陸上部顧問の教師を道先案内人として、市川町を訪ねました。先ず、風土記に記載されている「ハジカの村」を探しました。先達のお蔭で、市川町のコミュニティバス停の「初鹿野(はしかの)」をすぐに見つけることができました。近くの民家何軒かに尋ねてみますと、皆さんがおっしゃるには「このあたりは、市川町屋形で小字を『はしかの』と言います。」とのことでしたし、その名前が播磨国風土記に由来していることもご存知でした。「初鹿野山」は「初鹿野」地域の東側にそびえている山で、市川西側の「市川町澤」地区から見ますと紅葉した三角形の美しい山でした。 

その後、県道34号線を岡部川沿いに車を走らせて、市川町上牛尾2038の「笠形神社」を目指しました。今まで何回も参拝に上ったという若い先達は軽やかな足取りでしたが、私は勿論右手に杖をついての上り下りになりました。麓の第一鳥居を過ぎた後、すぐに、杉の木を登る「リス」を発見しました。自然界の「リス」を見た喜びもつかの間、進むにつれて心臓がおどりだしましたが、50分かけて「笠形神社」に着きました。

 本殿の右前方(中宮の正面)の、高さ50m、根回り9,5mの「御神木・杉」に圧倒されました。いかにも神様が宿っていらっしゃるような、えも言われぬ巨木でした。ところで、現在平成の大修理が行われている姫路城ですが、昭和の大修理の時に、その当時のこのお社の「御神木であった檜」を「姫路城西の心柱の上部」に使用したことを御存じの方も多いと思います。そのあとには、2世の檜が植えられていて、根回り直径30㎝ぐらいにまで成長していました。「はやく大きくなれ檜!」と祈ってお社をあとにしました。

(神前の郡 堲岡の里)

笠形神社の地図はこちら

古の播磨を訪ねて~多可町編 その2

古の播磨を訪ねて~多可町編 その2
大海山

託賀(たか)の郡・賀眉(かみ)の里・大海(おおみ)

 播磨国風土記には「昔、巨人(おおひと)がいて、頭がいつも天につかえるため身をかがめて歩いていました。南の海から北の海に行き、東から国の中を巡行したとき、この土地に来ていいました。『他の土地は天が低いので、いつも身をかがめ伏して歩いていた。この土地は天が高いので、体を伸ばして歩ける。高いなあ。』そこで、託賀の郡といいます。巨人の足が踏んだ跡は、沢山の沼となっています。
賀眉の里 この里は加古川の川上にあるので、賀美という名となりました。
大海という名がついたわけは、昔、明石の郡大海の里の人がやって来て、この山の麓に住んでいました。そこで、大海山といいます。松が生えています。」とあります。

 姫路市網干区の魚吹(うすき)八幡神社秋祭り本宮の10月22日に、後ろ髪を引かれながらも、午前中に何とかしたいと思い、早朝より多可町の加美(かみ)区を訪ねました。このシリーズ10回目に取り上げました加美区的場の「播磨国二宮荒田神社」の横を通って国道427号線に出ました。国道の左右には美しいコスモス畑が広がる中、加美区箸荷(はせがい)を目指しました。地元の方3人に、別々に「おおみ山」について尋ねましたら、その3人の方が一様に「おおみ山は分からないが、おおみ坂はありますよ。」とおっしゃって、その坂を教えてくださいました。国道427号線から南を見て、山の稜線に立つ鉄塔の右側の杉・檜林の中にある林道がそれだということでした。ここが、一応播磨国風土記に記載されている「大海山」に比定されているようです(写真参照)

 途中、「天たかく 元気ひろがる 美しいまち 多可」という看板を目にしました。そこで、改めて周りの山々を眺めて見ますと、明らかに高い山々が連なっていました。はるか北の方の千ケ峰と思われる山の頂は雲に覆われていました。「山が高い=天が高い」となり、これが、まさに「タカの郡」という名前がついた所以であろうかな、と思うと同時に、巨人の元気溌剌のびのびと動き回っている様子を想像し、古代に思いを馳せながら帰路につきました。

(託賀の郡・賀眉の里)

古の播磨を訪ねて~三木市編 その2

古の播磨を訪ねて~三木市編 その2
志染中学校
美囊(みなぎ)の郡・志深(しじみ)の里

 播磨国風土記には「昔、履中天皇が国の境を定められたとき、志深の里の許曽(こそ:古代朝鮮語で尊敬の意味)の社にやってこられて、『この土地は水流(みながれ)が大変美しいなあ』とおっしゃいました。そこで、ミナギの郡という名がつきました。」とあり、続いて、「履中天皇が、ここの井戸のそばで食事をなさったとき、シジミ貝が弁当の箱のふちに遊び上がりました。そのとき、天皇が『この貝は、阿波の国の和那散(わなさ:徳島県海部郡海陽町)で私が食べた貝だなあ』とおっしゃいました。そこで、シジミの里と名づけました。」とあります。

 今回は、台風27号・28号がはるか南海上で日本襲撃を狙っている10月の中旬に三木市界隈を訪ねました。現在、三木市の北部から中部にかけて「美囊(みの)川」が流れており、三木市岩宮で「志染川」が南東から流れ込んできています。そして、この「美囊川」は三木市別所町正法寺で大河印南川(現在の加古川)に合流していきます。

 「美囊川」沿いで、風土記に記載されている「ミナギ」という地名を今に伝えるものとしては、三木市吉川町みなぎ台の「三木市立みなぎ台小学校」があります。この小学校は平成11年4月に開校した三木市内で一番新しい小学校です。
 しかし、この小学校も最盛期には600名近くの児童が在籍していたようですが、現在は各学年1クラス、全校児童数120余名で、将来的には近隣の小学校と統廃合されるかも、ということでした。ここにも、由緒ある地名のついた小学校がなくなるのではないかという寂しい話がありました。

 一方、「志染川」沿いには広大な志染町に「三木市立志染小学校・志染中学校、神戸電鉄粟生(あお)線の志染駅」等があり、古代からの地名を今に伝えています。
三木市内には、「山田錦日本一の生産地」というような看板があちらこちらにありました。農家の人に聞きますと、吉川町の「山田錦」は稲の穂先まで、150㎝にも成長するようです。また、10丁もの酒米を作っている農家もあるということでした。それに、酒米の看板だけでなく「日本一美しいまち三木をめざそう」という看板もありました。そこに、「山田錦の全国一」に加えて、三木市の皆さんの「美しいまち=美しいこころ=こころやさしい人」の集団、全国一をめざそう!!という強い心意気を感じました。

 さて、播磨国風土記本文ではこの「志深の里」の条の後半部に、このシリーズ8回目に取り上げましたかの有名な「志深の石室」のヲケ(23代顕宗天皇)・オケ(24代仁賢天皇)の両天皇の話が出てきます。   (美囊の郡 志深の里)

志染中学校の地図はこちら

古の播磨を訪ねて~加西市編 その2

古の播磨を訪ねて~加西市編 その2
賀毛の郡 上鴨・下鴨の里
 上鴨の里・下鴨の里・修布(すふ)の里

 播磨国風土記には「賀毛(かも)と名づけたわけは、応神天皇の時代、つがいの鴨が巣を作って卵を産みました。そこで賀毛の郡といいます。
 上鴨の里 土地は中の上です。
 下鴨の里 土地は中の中です。応神天皇が国内の様子をご覧になるため巡行なさったとき、この鴨が飛び立って、修布の井戸の木にとまりました。このとき天皇が『何の鳥か』と尋ねられました。お供の人で当麻品遅部君前玉(たぎまのほむぢべのきみさきたま)が『川に棲んでいる鴨です』とお答え申し上げました。この鴨を、天皇の命令で、弓で射させられたとき、一本の矢を放って、二羽の鳥に当たりました。鳥が矢をつけたまま山の峰を越えた所は、鴨坂と名づけ、落ちて倒れた所は、鴨谷と名づけ、鴨の吸い物を煮た所を、煮坂と名づけました。
 修布の里 土地は中の中です。この村に井戸がありました。一人の女が水を汲んでいて、そのまま井戸にスイ込まれてしまいました。そこで、スフという名がつきました。」とあります。
 10月に入り、あちらこちらで祭りの笛や太鼓の稽古が盛んになったある日、加西市を訪ねました。この鴨の里に登場してくる地名で、「鴨谷」は現在の加西市鴨谷に、そして「鴨坂」はその鴨谷から北条町横尾へ越える「古坂(ふるさか)峠」と比定されています。「煮坂」については不明のようです。
 次に「修布の里」は加西市吸谷町(すいだにちょう)と考えられています。風土記に記載されている「修布の井戸」は、今も加西市吸谷町の民家に残っている井戸のようです。御当主の話によりますと、その井戸は現在も使われていて、しかも三軒の家が、この井戸からポンプで水を汲み上げて、使用しているとのことです。古代からずーっと利用されている井戸が、水脈が変わることもなく今に残っているということで、過去のそのときどきに生きたそこの人びとが、生活の中で、何よりも「水」を大切にしてきたかということが分かります。その井戸が今に伝わるということ自体、神がかり的なことと思われ、それこそ何か清い水で洗われたような非常に清々しい気持ちになりました。
 なお、加西市は来年早々に、ここにこの「修布の井戸」に関する説明版を設置するようです。

(賀毛の郡 上鴨・下鴨の里)